コラーゲン不足による目の周りのシワはどうすればいい?

定期的な摂取によってシワを防止する方法が主流

目の周りのシワを防止する方法としては、最近ではコラーゲンを定期的に摂取するという方法が主流になってきています。

コラーゲンサプリとかコラーゲンドリンクとかって言うのは飽きるほど宣伝されていますから今さら感がありますが、意外と三日坊主でやめてしまう人も多いようなのでその効果についてここでもう一度チェックを。

もともと目の周りにシワがたくさんできてしまうというのは皮膚内部のコラーゲン不足が1つの原因ですから、直接コラーゲンを口から摂取することによって回復を図るということなんですね。

 
実際のところ、普通に食事をしているだけでは肌の美容を保つために十分なコラーゲン摂取ができないというわけですからある程度はサプリメントで補給するというのも仕方ないことですし、化粧品などでの肌ケアにも限界はありますから・・・。

ちょっと前まではコラーゲンをサプリメントの形で摂取しても何の意味もないとされていたのですが、研究が進んだ結果コラーゲン摂取は効果があるのではないかと考えられるようになってきています。

そういった理由もあって、美容業界ではコラーゲンサプリやコラーゲンドリンクの開発が非常に盛んになっているというわけですね。

もう毎日のように新製品が市場に投入されている状況を見れば一目瞭然ですけど。

コラーゲンが不足すると顔にはシワが増えてしまう

目尻のシワ・眉間のシワについては特にコラーゲン不足によって発生しているものが多く、食事で補給していくというのであれば魚や肉類を多めに摂取していくということしかないでしょう。

ただ、魚料理などからある程度の量のコラーゲンを補給するということになると、魚をまるごと食べるとか調理した後の汁まで全て飲むとかって言うことになります。

普段からこういった食生活をしている人であれば問題ないかもしれませんが、魚を頭から尻尾まで全て食べつくすような生活をしてきたという人は少ないはずです。

 
魚以外であれば骨付き肉が代表的。

テレビ番組でも「コラーゲンたっぷり」として紹介されているのは骨付きスペアリブや手羽元ですね。

サプリメント類を使わずに十分なコラーゲンの補給をするというのであればこうした食材に頼っていくことになるでしょう。

コラーゲン不足の一番の原因は外出先で浴びる紫外線

肌のコラーゲンの量が減少していく原因には加齢など様々なものがありますが、その中でも特に影響が大きくかつ防止・予防することが可能なものとして紫外線が挙げられます。

紫外線が肌を直撃することによって、肌の内部にある細胞が破壊されて新しいコラーゲンを生み出すことができなくなる、あるいは今あるコラーゲンがダメージを受けることによって本来の力を発揮できなくなってしまうというわけなんですね。

 
もちろんこういった紫外線ダメージを減らすためには特別なことをする必要は一切なく、通常通りの紫外線対策をしていれば十分です。

しかし、今回問題にしているのは目の周りのシワなので意外と対策が難しいということでもあります(だからこそコラーゲンドリンクが売れるわけなんですが)。

普通に日焼け止めクリームを塗っているだけでは塗りムラができたり塗りづらい場所だったりしますから、むしろ日傘をさしたり地下鉄中心で移動したりということを考えたほうがいいかもしれませんね。

コラーゲンを増やすことができれば

普段の紫外線対策でもコラーゲン摂取でも食生活でも何でもいいのですが、肌内部のコラーゲンを増やす(あるいは維持する)事ができれば次のような状態が期待できるでしょう。

肌の弾力が復活して毛穴が目立たなくなる
水分の保持による肌の保湿
肌のくすみが弱くなる
小じわの減少
ほうれい線の改善

全てを一度に期待するというのはなかなか難しいかもしれませんが、可能であればどれも実現したい・・・というのが女性としての一般的な考え方ですよね。

もちろん男性であってもコラーゲン増加による効果は同様のものが期待できるわけですし、旦那が肌ケアに興味がなくてボロボロの肌になっているとしても、こっちが勝手に食生活を改善してあげることは可能ですよね。

なぜしかめっ面になるのか?

しかめっ面になってしまうというのはメンタル的な部分が結構関係しているんですね。

・人とどう接すればいいのかわからない
・人とコミュニケーションを取りたくない
・短気
・自分の威厳を保ちたい

スーパーなんかを歩いていると、物凄いしかめっ面で歩いているお爺ちゃんお婆ちゃんって結構いるじゃないですか?

何か明らかにコミュニケーションを拒否しているというか、できれば関わりたくないというか、そんな雰囲気を発しているでしょう。

ああいった感じの『話しかけるな』オーラを出し続けていると、どうしても顔はしかめっ面になってしまって小じわがどんどんできていきます。小じわというか大じわですね。

喫煙しない、受動喫煙も避ける

タバコは確実に小じわの原因になっています。証拠は・・・科学的に検証するまでもなく、喫煙者の顔を見てみれば明らかです(特に女性)。

喫煙や受動喫煙は身体の老化を急激に促進するので小じわ以外にも悪影響が大きいですね。

喫煙が肌の老化を促進する理由

喫煙が肌の老化を促進する理由で大きいものは、ニコチンと活性酸素でしょう。

ニコチンは人間の血管を収縮させる効果を持っていますから、肌への酸素供給量が不足したり皮膚の表面温度が低下したりします。

酸素不足や体温低下が起きれば当然肌の健康を保つことができなくなっていきますからハリが失われてシワができるようになりますし、何だか血行が悪い肌の色になっていくんですね。

 
活性酸素の発生については身体をどんどんと破壊していくような感じになりますから、肌の健康という面で言えばコラーゲンの生成力が低下することによって皮膚同士の強いつながりが失われてシワになってしまうというわけです。

スキンケアだけでは小じわを解消できない場合

ここまで書いてきたようなスキンケア&小じわ対策だけでは全然解消されないとか、細かいケアをするのが面倒だという場合には他の方法を探っていかなければなりません。

特に女性の場合にはスキンケアの時間というのはたくさんあるようで実はそれほど余裕がないというのが実際のところですから、なるべく簡単にできる方法じゃないとダメですよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ