目元のちりめんジワの原因と、日常生活で予防改善する方法

目元のちりめんジワの原因は?

そもそも、目元に小じわ(ちりめんジワ)ができてしまう原因として最も大きなものは『肌の乾燥』なんですよね。

若い頃だったら肌に含まれる水分が多いために目元にちりめんジワができるなんていうことは無いのですが(赤ちゃんの肌は水分が多くてプニプニしていますよね)、加齢に伴って肌の水分は段々と減少していきます。

高齢者の肌がシワだらけになるのは年齢を重ねているからというわけではなく、年齢を重ねたために肌の水分量が落ちてしまっているためです。つまり、年齢を重ねたとしても肌の水分量を維持できればある程度はシワの数を減らすことに繋がるという訳なんですね。

 
加齢による悩みの中でも目元・目尻のシワが一番の老けて見える原因になるんですけど、この部位のシワというのは日常のスキンケアによって逆に悪化してしまうということも。

肌に水分や化粧品成分を与えようとして毎日のスキンケアを行うわけですが、手や指で強く擦ったり叩いたりすることによって皮膚内部の角質層はダメージを受けてしまうんですね。

 
脇や膝の黒ずみで悩んでいる人もいるかもしれませんが、これらの原因と同じことで肌に過剰な刺激が伝わると角質層はどんどん厚くなっていきます。

厚くなった角質層には水分も化粧品もなかなか浸透しなくなり、徐々に乾燥状態になってちりめんジワが発生・・・という道を辿ってしまいがちです。

風呂あがりに目元のシワが消える場合は

お風呂上がりなんかに自分の顔を見てみると目元のシワが消えていてちょっとうれしい、という女性は結構多いでしょう。

このように、一時的にでも肌の水分が増えた時に消滅するようであれば、それは乾燥が原因となっているちりめんジワです。

 
お風呂に入った時に消えている(消えているようにみえる)のであればまだまだ回復の余地はあります。

普段生活している時にもお風呂上がりくらいの水分を保持させるためにしっかりとした保湿ケアをすることで望みはありますね。

ちりめんジワ(表皮性シワ・小じわ)について

ちりめんジワ(表皮性シワ・小じわ)ともの凄く深いシワ(真皮性シワ)というのは、パット見ではそんなに違いがないように思えるんですけど実は結構な差があります。

ちりめんジワの場合には上でも書いたように、肌が乾燥することによって生じているものですから十分な保湿ケアをすることで改善も可能なんですね。

 
逆に、深いシワの場合には肌の水分補給をしたところで簡単に改善するわけではありません。

根本的に肌の内部にあるコラーゲン繊維がダメージを受けてしまっている状態なので、ちょっと化粧品を使った程度では状態が良くならないことがほとんどです。

シワ対策の化粧品についてはいろんな化粧品メーカーが販売を行っているんですけど、深いシワが刻まれてしまっている段階でどれ程の効果があるのか・・・ということについてはちょっと疑問を感じますね。

目元をこする人はちりめんジワができやすい

さて、とりあえずはまだ改善の余地があるちりめんジワなんですけど、目が痒いとかあくびをした時とかに目元をこする人はちりめんジワができやすいです。

最初の方の『ちりめんジワができる原因』でも書きましたが、スキンケアをする際に強い力を加えると角質層が厚くなって水分を失う原因になる・・・ということがあります。

 
これは当然スキンケアをしていないときも同様であり、無意味に目の周りを触ることによってやはり角質層は自然に厚くなってしまうんですよね。

とくに上まぶたは非常に皮膚が薄いということもあって簡単にちりめんジワが発生しやすいパーツになっています(下まぶたはどちらかと言うと深いシワが発生しやすい部位と言えるでしょう。)。

 
女性で最もまぶたの皮膚にダメージを与えやすい時間は、アイメイクを落とす時間ですね。

確かにメイクはしっかりと落とさないとちりめんジワ以外の肌トラブルに繋がりますのでちゃんと落とさないといけないのですが、この時にメイク落としでゴシゴシとこすっていたらある日気付くと大量のちりめんジワが・・・ということになりかねません。

シワ防止のためにはアイメイク専用のリムーバーをちゃんと使うということが大事です。肌への摩擦を減らすために作られているわけですから、こういった小物をちゃんと活用してちりめんジワを防いでいきたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ