眉間のしわ取りをボトックスでやる時のメリット・デメリット

眉間のしわ取りに使われるボトックスについて

美容整形外科などで眉間のしわ取りについて相談すると、一つの方法としてボトックス注射を提示されることがあります。

ボトックス注射という言葉は聞いたことがあっても実際にはどういった効果があるのか・副作用にはどんなものがあるのかという点についてはあまり知らないという人が多いですからここでチェックしておきましょう。

そもそも眉間のしわ取りに対してボトックス注射がどのくらいの効果があるのかということが一番重要ですよね。その点を中心に解説していきます。

ボトックスの良い点は?

まず、ボトックス注射を受けることによって得られるメリットについて紹介します。

美容整形の中では比較的手軽に受けられる
効果が短期間ですぐに見える
メスを使わないので安心
シワ治療に切開が必要ない
施術時間が非常に短い

特に、大掛かりな手術が必要ないけれども受けた直後から眉間のしわ取り効果が感じられるという点が大きいでしょう。

手術だと何だか『整形手術』というイメージが付いてしまいますが、ボトックス注射だと大袈裟な感じではないので心理的な負担も軽いです。

 
また、女性の場合には(とは言ってもボトックス注射を受けて眉間のしわ取りをするのはほとんど女性ですが)施術した後に化粧をすることができるので周囲からの見た目としても違和感がありません。

ヒアルロン酸注射とボトックス注射は効果としては似ている部分が多いのですが、

○ヒアルロン酸・・・シワの溝を埋めていく
○ボトックス注射・・・筋肉がシワを作れなくする

という違いがあります。ヒアルロン酸注射が注入によってシワを消そうとするのに対し、ボトックス注射の場合には筋肉の動きを麻痺させるというイメージですね。

ボトックスの悪い点は?

では逆に、ボトックス注射の悪い点は何でしょうか?

不自然な顔になりやすい
繰り返しやる必要がある
費用が高額になりやすい

というのが一般的に考えられるデメリットですね。基本的には眉間やおでこのしわを作り出す筋肉を動きにくくさせてシワを発生させなくするものですから、同時に表情を作るための筋肉も動きにくくなってしまいます。

私達の顔の表情というのはすべて筋肉を動かして作っているものなのですが(もちろん筋肉を動かすのは無意識です)、そういった筋肉までもが動かなくなるという問題を抱えているんですね。

また、目頭の切開のような永久に効果が続く手術と違い、ボトックスの効果自体が永久に続くわけではありません。

ですから、定期的に美容整形外科に通って注射の打ち直しをしないとまた眉間にしわができてしまって・・・ということになるでしょう。

 
お金を沢山貯金してきた人の場合には何の苦労もないかもしれませんが、ボトックス注射も整形手術と同様に費用が高額になりやすいのが問題です。

しわ取りをする場所の広さやクリニックの方針によって値段はもちろん変わるんですけど、ちょっとしたしわ取りでも3万円前後、おでこのように広い場所になってくると10万円を超える費用が必要になることも。

問題は、これが1回だけでは済まずに定期的にかかってしまう費用だということですね。

あまりお金がないという場合には眉間だけとか目尻だけといったように、狭い部分だけにボトックス注射をしてもらってあとは普段の化粧で何とかするといった方が経済的だと言えます。

心配される副作用について

ボトックス注射でも整形手術でも、美容整形外科で何かをやろうとした時に不安になるのは副作用ですよね。

この副作用が全く無いという美容整形施術はほとんどないので、そこはある程度覚悟して受ける必要があるでしょう。

 
ボトックス注射を受けることによって発生する可能性のある副作用は以下の通りです。

筋肉の痺れ
内出血
(目の周りに受けた時の)まぶたの垂れ下がり

こういったものがボトックス注射の副作用として報告されています。

表情筋が動かなくなることによって表情が作りにくくなる・無表情になってしまうというのもある種副作用の1つかもしれませんが、表情筋を動かせなくすることがシワを作らないという目的にかなっているわけですから副作用というよりはデメリットに分類させていただきました。

もちろん、こういった副作用は全ての人に出るわけではありませんからそれほど心配しなくても良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ