目尻のしわ対策をする上で重要なこととは?


毎日気になる目尻のしわ、放置しておいても改善するなんてことは当然ありませんよね。

確実な対策をしていく上では重要なポイントが3つあります。

1.多くの女性が使っているものを使うこと
2.効果が認められているものを使うこと
3.なるべく安く買うこと

多くの女性が使っているものを選ぶというのは今までも当たり前のことだったのですが(使っている人が多ければ満足している人も多いだろうと考えられるので)、最近重要になってきたのは「効果が認められているものを使うこと」ですね。

化粧品やサプリメントだと「目尻のしわに効果があるかもよ?」みたいな表現しか使えません。医学的に効果が認められていないのでどうしてもこういった伝え方になってしまうんですよね。

 
それでも各メーカーでは工夫していかにも「シワに効きそうに」見えるような広告を作っています。実際に効果が出るかどうかはわからないんですけど。

ですから、そういう意味ではサプリや化粧品ではなく『医薬品』として販売されているものを使ったほうが良いということになります。医薬品として売るには効果が認められていないとダメですから。

・・・ということで、目尻のしわ対策をするのであれば次の医薬品を使ってみてはどうでしょうか?

こちらをクリック ⇒ 女性用保健薬<ロスミンローヤル>☆★75%オフ★☆

 
【ポイント】

・小じわとシミに対して効果が認められている医薬品
・ネット通販だと安く割引購入ができる

 

買わないほうが良い人

  • 今やっているしわ対策で効果が出ている人

  • 今自分自身でやっている対策(顔面マッサージなど)や美容整形外科での治療で十分な効果を感じているという場合には無理して購入する必要はないように感じます。

    特に、お金をかけずに目尻のしわ対策ができているというのであれば、それなりにお金もかかるわけですから医薬品やサプリメントに頼らなくても良いのではないでしょうか。

    もちろん将来のしわ対策として飲んでいる人もいるので全く意味がないとは言いませんが、今やっている対策では追いつかなくなってからでも良いかと思います。

  • 妊娠中・授乳中の女性

  • 公式サイトの中では『妊娠授乳期などの栄養補給』という効能が書かれていて問題なく飲めるということなのですが、一方で「妊娠中・授乳中は担当医にご相談ください」ということも書かれています。

    この点を考えると、妊娠中や授乳中には無理して飲む必要はないといえるのではないでしょうか?

    担当医に相談、と言ってもわざわざそんなことを聞く勇気は出ないですよね。鉄分とかカルシウムのサプリを飲んでもいいですか、とかって聞くのとは話が違うじゃないですか。医師によってはメッチャ怒られそうですし・・・。


買ったほうが良い人

  • 忙しくてしわ対策ができていない人

  • 仕事が忙しい、育児が忙しいということで一般的なしわ対策ができていないというのであれば飲む価値は高いでしょう。

    しわの改善や予防に対しては毎日のマッサージや保湿などでもある程度は対応できるとされていますが、それさえもやっている時間がないというのであれば日々肌が衰えていくだけですもんね。

    また、具体的にどういった対策をすればいいのかわからないとか、わかってはいるんだけれどもいざとなると面倒くさくて実践できないという場合にも有効だと思いますね。

  • 美容整形はしたくないという人

  • 美容整形外科での治療というのは比較的一般的にはなってきたと思いますが、それでもやっぱり手術的なことには抵抗があるという人は多いです。

    小さいシワだったら10分やそこらの手術でも何万・何十万とかかることになるわけですし、ある日突然目尻の小じわが全くなくなってしまった、なんてことになると不自然に感じる人はいるんですよね。

    そういう人が周囲にいると「あれって絶対整形だよ~」とかって言いふらされてしまう心配があるわけです。

    女性同士だったらちょっとしたプチ整形で話が通ったとしても、男性が整形と聞くと『ブサイクが物凄い手術をして全く違う顔になろうとする!』ということを思い浮かべますからね。


他の方法ではどうなのか?

効果が出ていないのに従来のしわ対策をどうしても止められないという女性は多いです。

「今までこの方法でやってきたから・・・」「今までこの方法に大金を使ってきたから・・・」という気持ちがあるためになかなか新しいしわ対策に踏み切れないということがあるんですよね。

 
もちろん従来のしわ対策でうまくいっているというのであれば別にやり方を変える必要はないと思いますが、目尻のしわが減るどころかどんどん増えてきているならやり方を変えるべきでしょう。

そもそも、今までのやり方で上手く行かなかった理由についてちょっと考えてみましょう。

・ボトックス注射
・乾燥を防ぐ保湿
・紫外線を防ぐ
・しわ対策化粧品

ボトックス注射

目尻のシワ対策としてボトックス注射なんかを美容整形外科では勧められることがありますが、シワが改善した後のことを考えると必ずしも良い選択とは言えないんですよね。

なぜかというと、ボトックス注射の特性上、目元のシワを取る代償としてやや表情のない顔になってしまうという問題があるためです。

表情ジワを取るための美容施術ですので表情も一緒に取れてしまうといった感じでしょうか。


 
この問題については専門家の間でも意見が分かれるところなのですが、施術をする医師の腕によるというのが結構大きい部分のようですね。

結局のところは下手な人がやったら副作用としての無表情の問題が大きくなるし、上手い人がやったらそれほど問題は発生しないという感じです。

何というか・・・業界の事情に詳しくてどこの美容整形外科だとうまくやってくれるという情報がなければ宝くじを買うような状態に近いですね。

乾燥を防ぐ保湿

しわの原因として肌の乾燥が取り上げられることが多いのですが、目尻周辺の場合には乾燥だけではなくて表情ジワの問題であるということもちょっと考えなければなりません。

あなた自身が悩んでいるしわが乾燥によるものなのかそれとも表情によるものなのか(あるいは両方が原因になっているのか)ということをまず見極める必要があるんですよね。

 
多くの人はここの判断を全くやらずに適当に「高い化粧水なら効くだろう」と考えてとにかく保湿を一生懸命やるだけで済ませてしまいます。

乾燥が原因で目尻にしわができている場合には、お風呂あがりには比較的溝が浅くなっていたり消えたりしているんですね。

そういった場合にはしっかりと保湿をすることが有効でしょう。ただし、この保湿を適当にやってしまっているという人も多く、化粧水や乳液をケチって使っているために全く効果が出ていないということが多いです。

自分でもびっくりするくらいの量を塗らなければほとんど効果が出ないケースが多いですから、一生懸命乾燥を防いでいるつもりでも目尻のしわが全く良くならないということが大半ですね。

紫外線を防ぐ

紫外線を浴びることによって目尻だけではなく体全体にしわができやすくなります。私達が食事やサプリメントで一生懸命補給しているコラーゲンなんかを紫外線が破壊してしまうために起きる現象ですよね。

特に若い時に紫外線対策を怠っていたとか、日焼けサロンに一生懸命通って肌の色を黒くしていたなんていう女性の場合には30代・40代になってからその影響が徐々に出てきてしまいます。

 
そうじゃなくても常に紫外線対策をし続けるというのは大変です。夏だけではなくて冬にもちゃんと紫外線対策をしなければならないというのはもはや常識ですが、外に出ずに家にこもっている場合でも日焼け止めを塗る必要があるというのが本当に面倒くさいです。

夏の暑い時期に外出する場合にはSPF50のものをしっかり塗っているけど、それ以外の時は雑・・・となるとやはり顔や体にしわが増えていくということになるでしょう。

 
紫外線対策というのは「難しい」のではなくて「わかっているけど面倒くさい」というのが一番大きな問題点ですね。

しわ対策化粧品

しわ対策化粧品の問題点には2つのものがあります。

1つは、そもそも本当に効果があるのかわからないこと。
もう1つは、スキンケアのやり過ぎで逆にしわを作ってしまう人がいること。

化粧品は本当に効果があるのか?
ものすごく残念なことですが、どんなに値段の高い化粧品であっても「顔のシワを防ぐ」といった効果があるとは正式に認められていません。

このページの最初でも書いた通り、ちゃんと効果が認められているんだったら医薬品として販売されるわけですし、そもそも期待する効果がなかなか出てくれないからこそあなた自身もここを読んでいるわけですよね?

 
特に、高級な化粧品ほど効果が高いだろうと考えている人は要注意です。テレビCMや雑誌広告を見てみてください。高級な化粧品ほど頻繁に広告を打っていませんか?

そして、週刊誌とかでたまに見る「CM出演料ランキング」とかってありますよね?高級化粧品ってあれの上位に来ている人を起用してないですか?

ちゃんとした効果はよくわからないし、とにかく雰囲気を作って売らざるをえないのでこういった結果になってしまうことが多いです。

 
極めつけは、こうしたメーカーの財務諸表(誰もチェックなんかしないですけど)。広告費にものすごくお金がかけられています。製品の開発費用とかではなくて・・・。

スキンケアのやり過ぎの問題
もちろん、化粧品が目尻のしわに全く効果がないという話ではありません。全然効果がないと思われたら使われなくなってしまいますから各社とも何とかして効果を出そうと「肌に良い」と思われる成分をいくつも投入しています。

ここで問題になるのが、私達消費者側の使い方です。

しわを無くしたい、くすみを無くしたいなどという気持ちが強すぎることで自然と手にも力が入り・・・

・一生懸命洗顔してしまう
・一生懸命タオルで拭いてしまう
・化粧水を使う時に顔をバチバチ叩いてしまう
・強い力でマッサージしてしまう

ということがありませんか?また、時間がない朝なんかはどうしても適当になってしまいますよね。

こういったことが化粧品の効果をさらに落としてしまう原因になってしまうんです。

従来の方法で目尻のしわが防げないなら

ということで、従来の方法で目尻のしわが防げないというのであればこのページの最初で紹介したしわ対策商品を使ってみてください。

おそらくあなた自身が今までにやったことのない肌へのアプローチ方法だと思いますし、一度試してみるだけの価値はあるでしょう。

こちらをクリック ⇒ 女性用保健薬<ロスミンローヤル>☆★75%オフ★☆

 

シワにならない笑い方と喫煙による肌の老化対策

シワにならない笑い方

シワにならない笑い方を心がける 笑った時にシワができてしまう、と言うのは結局のところ『普段からシワになってしま・・・

小じわが発生する原因4つを潰していこう

小じわ発生の原因

小じわ発生の原因はここにある 小じわ発生の原因は、主に肌の乾燥にあります。普段から乾燥肌で悩んでいるほど目元や・・・

ちりめんジワ対策としてシアバターを使う時のポイント

シアバターを使うなら ちりめんジワ対策としてシアバターはある程度有効だとされています。シアバター自体はそれほど・・・

目尻の小じわをなくす方法

目元・目尻のちりめんジワの原因は? 目元・目尻にできてしまうちりめんジワの主な原因は2つあります。 肌のシミな・・・

眉間のしわ取りをボトックスでやる時のメリット・デメリット

眉間のしわ取りに使われるボトックスについて 美容整形外科などで眉間のしわ取りについて相談すると、一つの方法とし・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ